足底痛・足裏痛

《足底筋膜炎》など


 #足の裏の役割と痛みとの関連
足の裏は、
立っている場合では、身体上方からの全体重を受け、
その重さを最終的に地面に伝え、支える役割があります。
また、歩行や走行の際には、
下半身で生じた推進力と体重を地面に伝えることで、
地面の反発力を介して、身体全体を推動させる基点となります。
したがって、足の裏は、立ったり、歩いたり、走ったりする際には、
自分自身の全体重や、推進力など、
非常に大きな負担を受け止めなければならない部分であり、
何らかの原因で、それらの負担を上手く処理できなかった場合、
足の裏の痛みが発生することも少なくありません。
しかし、

基本的に、足の裏は上部からの負担をうまく処理できるような構造をしておりますので、日常生活の範囲内で普通に使っていれば、痛くなるようなことはほとんどないと思います。
また、いつも以上に立ち続けたり、長く歩いたり、走り過ぎたりなど、
一時的な足の使い過ぎで、痛くなる場合もあるかもしれませんが、
数日間使い過ぎないようにしながら様子を見て、徐々に落ち着いてくるようであれば、それほど問題はないと思います。


ただ、過度に使い過ぎた覚えもないのに、足の裏が痛くなってしまったり、
一度発生した痛みが、安静などで様子を見てもなかなか改善しない場合は、
足の裏に余計な負担をかけてしまう要素や、
足の裏の回復力を妨害するような要素の存在が考えられます。
そして、

その要素は足の裏だけの問題だけとは限りません。
足の裏には身体上部からの負担が乗ってくると述べましたが、
身体上部からの負担が大き過ぎたり、
負担の乗り方に大きなブレがあったりしますと、
足の裏全体、または部分的に大きな負担を受けることとなり、
足の裏にある筋肉や靭帯などの組織を傷め、痛みが発生する原因となります。
従って、足底痛治療のポイントは、
身体上部からの負担の大きさやブレを調整することであり、
足の裏ばかりに気を取られて、それらの要素を無視した場合、
痛みがなかなか改善しないという悪循環におちいる可能性もあります。
そのためには、姿勢保持の役割をする筋肉や、
歩行や走行時に動作のコントロールをする筋肉の調整を行う必要があります。
そして時に、場合によっては下半身のバランス調整だけではなく、
背中や腰などの広い範囲の調整が必要になる場合もあります。


*足の裏の痛む部位と治療のポイント
足の裏の痛みは、痛みを感じる部位により、
痛みと関連するポイントを考察する必要があります。
①指の付け根付近の痛み
比較的多いのは、足の指の付け根の部分で、
例えばつま先立ちをした時に、地面に付いている部分のあたりが痛む場合です。
人間の足の裏は、
指の付け根部分と、踵のやや前の部分を基点としてアーチ状を呈していますが、
立ったり、歩いたり、足の裏に身体の重さや推力などの「力」のかかる状態では、足指の付け根部分、特に親指の付け根付近に負担が乗りやすくなります。
ところで、

足指の付け根付近を訴える人の足指をよく見てみると、
普通にしている状態でも、足指がやや浮いている、
つまり、足指が足の甲の方にやや反り気味の状態になっている事があります。
この状態では、立ったり、歩いたりする際に、
足指が反り気味な分だけ、裏の付け根部分が地面に強めに当たるような状態となります。
付け根部分に付着する筋肉、腱、靭帯などの組織は、
足指の反り返りで引き伸ばされるだけではなく、
接地の際、強めに圧迫されてしまうため、
足指の反り返りは、上述の組織を傷めやすくする要因となってしまいます。
また、

ハイヒールなど、踵を高くするような靴を履いている場合、
ちょうど指の付け根部分が反っているような履き方になりますので、
歩行の際などに指付け根部分に強めの負担が乗り、
足指の付根部分を傷めやすくなってしまいます。

 

身体全体におけるバランスの傾向としては、

身体の重心がつま先寄りにかかってしまっている場合が多いと思います。

この際、骨盤から上(腰・背中)の状態(前傾姿勢など)からの影響を考慮します。


・治療のポイント
まず、足の指を反らせる働きをする筋肉は、「すね」の骨の外側にあります。
そして、足裏、指の付け根付近に痛みがある場合、
このスネの筋肉が緊張して硬くなっている場合が多いため、改善させる必要があります。
また、

股関節周囲(骨盤)・腰・背中などの状態をチェックして、
下半身全体における、負担の「ひずみ」と、身体全体のバランスを調整しておく必要もあります。


②土踏(つちふ)まず部位の痛み
土踏まずには、足の指や、足の裏を屈曲させる(縮める)働きをする筋肉が存在します。
 土踏まず部分が痛む場合は、それらの筋肉に必要以上の強い負担がかかり、
筋肉の緊張・硬化が起こってしまった可能性があります。
(ア)歩行・走行の負担による土踏まずの痛み
例えば、
歩行・走行の際、推進力の主な発生源となる殿部(お尻)などの筋肉が、

慢性的な疲労などで、必要な力(ちから)を十分に発揮できない場合では、
ふくらはぎや足底(土踏まず)などの筋肉を、
無意識のうちに、通常以上に使って、足りない分の推進力を補おうとする場合があります。
その結果、
土踏まずの筋肉に過度の負担がかかって、緊張・硬化を招き、
土踏まずの痛みが引き起こされる原因となります。


・治療のポイント
殿部(お尻)、太ももなど、
歩行・走行の際に、主な推進力を発生させる筋肉の疲労・硬化を改善させ、
土踏まずの筋肉の負担を軽減させることが重要です。


(イ)下半身バランスの「ひずみ」による土踏まずの痛み
下半身全体のバランスの「ひずみ」によって、
足底にかかる負担を分散させる足底アーチに片寄ったな負担がかかることも、
土踏まず付近の筋肉や靭帯に過度の負担がかり、土踏まずの痛みが引き起こされる原因となります。
股関節の周囲や、すね、ふくらはぎなど、
立ったり、歩いたりする時に、
バランスをとったり、方向を定めたりするために働くバランス保持や動作コントロールのための筋肉が、何らかの原因で疲労蓄積・硬化した場合に、
下半身バランスの「ひずみ」が生じやすいと考えています。
・治療のポイント
下半身全体のバランスの「ひずみ」を改善させることが重要です。
上記した、股関節周囲や、すね、ふくらはぎなどの筋肉の状態を調べて、
硬化している部位などがあれば、それを治療します。
また、必要ならば、背中や腰の状態もチェックして、
上半身のアンバランスが下半身に及ばないように治療をします。


*その他、Q&A方式にて
Q足の裏に直接針を刺すのですか?
A:足の裏に直接針を刺すことはまずありません。
本文で説明したように、足の裏に至るまでのバランス、足の裏にかかる余計な負担を改善させることが治療の一番のポイントであると考えますので、
足の裏のみに治療を行うのは決して上策ではないと考えております。
また、足の裏は皮膚も厚く、針を刺すと特に痛い部位ですので、
足の裏に直接針を刺すことは極力避けております。


→痛みの目次へ