「効く」にこだわる針治療

~~「効く」を実感できる治療とは?~~
皆さんは、過去に針灸や指圧マッサージ、整体などの施術を受けていて、
「これは効きそうだ!」と思う瞬間はありましたか?
もしあったならば、どのようなときに「効きそうだ」と感じたのでしょうか?
そして、逆に施術に満足できなかったとしたら、
それはどのような理由で満足できなかったのでしょうか?
「悪いところ(ツボ)に手がいかない、施術(効果)が届かない。」
 このような場合、特に満足感を得られないのではないでしょうか?

そして、「悪いところに手がいく、施術が届く。」

このような場合に特に効果・満足感を感じられるのではないでしょうか?

 また、皆さんはどのような理由で治療院を利用しますか?
「悪いところを改善してほしい。」だけではなくて、
「本当に悪いのはどこか、本当の原因はどこなのか知りたい。」

という理由もあると思います。
当院では

「悪いところ正確に把握する。」「悪い場所に効く施術をする。」
ことによって、

「本当に悪いのはどこか?何が原因なのか?」

をクリアにして身体の状態・不調に対する疑問や不安を解消し、

そこから自己ケアなどの適切な対処法を理解して実践できるようにする。
この点についても重視しております。

 

上記の要件を満たすためには、
①悪いところ(ツボ)を正確に探し出す技術。
②悪いところ(ツボ)に的確に当てる技術。

③適切な刺激(施術)を使い分ける技術。
④身体の『構造』と『機能』についての熟知。

が必要です。

================
①『ツボ』を正確に探し出す。
→思わず「あっ、そこ!」と言いたくなるのが「ツボ」。
 針灸の治療は『ツボ探し』に始まり、より効果的な『ツボ』を探し出すことが
よりよい効果を引き出すための絶対要素であると私は考えております。
治療中、私の指先が『ツボ』を探し出すと、
患者さんが「あっ、そこ!」と思わず口走ることがよくあります。
これは『ツボ探し』のコツとして非常に重要なことです。
◎「ツボ」について

『診断点=治療点』 

『ツボ』は「診断点」であると同時に「治療点」でもあります。
 例えば、筋肉に起因する「痛み」の治療を行う際、
筋肉の硬さなど、異常の感じられるポイントを『ツボ』とし、
そこに針を打ち、適度な刺激を加えることで筋肉を緩め、痛みを抑えます。
『ツボ』には「正穴」と言って、名前や位置が定義されたもの(例:足三里など)の他に、
「阿是穴(あぜけつ)」と分類されるツボがあります。
「阿是穴」の「阿是」とは簡単に言いますと
中国語で「あっそれ!」という意味です。
例えば、「痛みやコリ」のある部位やそれに関連する部位を押された際に、
受け手が「心地よい」とか、「ズーンと響くような鈍痛がある」とか、
通常の感覚とは異なる何らかの反応があった時に、
思わず「あっそれ!」と口走ってしまいそうな、
そんなポイントを中国医学では「阿是穴」と定義しています。
要するに「阿是穴」とは患者が直感的に「効く」と感じる反応点であり、
多くはそのまま用いることができる治療点でもあります。
従いまして、針灸の治療に際しては、
受け手に対してこの
「阿是:あっ、それ!」
と感じさせるポイント=『ツボ』を
的確に探し出す技術が必須となります。
また、
『ツボ』には深さがあります。
治療に効果的な『ツボ』を探す際、
実際に指先を当てているのは体表面ですが、
その指先で感じ取っている「反応」は体表面だけの「反応」とは限りません。
例えば筋肉の「反応」なら、指先が触れている位置の「反応」が、
浅い筋肉の反応か、深い筋肉の反応かを識別する必要があります。
一般的に浅い位置の筋肉は体表から比較的すぐの位置にありますので、
どのような状態であるのか反応を探すのは難しくはありません。
しかし、深い位置の筋肉の場合、
浅い筋肉の更に下層にある筋肉の状態を、

体表面から探らなければならないので、

「鋭い指先の感覚」と「的確な判断力」が必要とされます。
特に、深層の筋肉に着目した針治療を行う際には、
この技術を高度に備えているとことが必須となります。

================

②『ツボ』に的確に針を当てる。
  せっかく「あっ、そこ!」と感じてもらえるような『ツボ』を探し出しても、
針を打つ時、針が『ツボ』にしっかり当たってくれなければ、何の意味もありません。
しかし、ツボは実際にはいわば立体的な存在であり、
皮膚上の平面的な「当たり」だけで十分な効果を引き出せるとは限りません。
ツボを探すときだけではなく、針を打たれて更に「あっ、そこ!」と感じてもうためには、
針先で『ツボの芯』をしっかりとらえることができるかどうかが「カギ」になります。
 ◎ツボの芯をとらえる針
『ツボ』は基本的に皮膚上に出現する反応ポイントですが、
その反応は浅い部分から来るものと深い部分から来るものがあり、
それによって大まかに『浅いツボ』と『深いツボ』に分けることができます。
ですが『深いツボ』の方が痛みなど症状の根幹により迫っている場合が多く、
『深いツボ』の『芯』にいかに的確に針を当てるかが
治療効果を確実に引き出す上で非常に重要な要素となります。
その部分において、技術者としての針灸師の技量が問われます。
時には、『ツボの芯』は筋深層部のゴマ粒にも満たない範囲にあり、
針を打つ際、針先が『ツボの芯』から少しでも外れてしまうだけでも、
十分な治療効果を引き出せないこともあります。
その『ツボの芯』に的確に針を当てるためには
技術力のみならず集中力、経験、勘がモノを言うことになり、
それは基礎的な訓練をどれだけ積んだかによって大きく左右されると思います。
私の師匠は針を打つ際の「基礎」のぼ部分を非常に重視しておりましたので、
私は台湾にて、その基礎的な訓練をじっくりと積み、
現在も日々、「あっ、そこ!」と感じてもらえるような治療を心掛けております。

ただし、実際どのくらいの深さまで針を打つかなど、

実際の場面では、針治療に慣れているかどうかなどの条件により違いますので、次項③にて解説いたします。

================

③適切な施術(刺激)を使い分ける技術。

~「初心者』と「愛好者』など、刺激への感受性に応じて使い分け~

例えば、針治療が初めてで緊張している「初心者』の方に、

「愛好者」の方が好むようなビシビシと響く針の打ち方で施術しても、

気持ちよいどころか、苦痛以外の何物でもなくなり、

二度と施術を受けたいとは思わなくなると思います。

また、そのような強引なやり方で施術しても、たとえ施術の対象部位やツボは正しかったとしても、改善効果が得られるとは思えません。

そして、針治療・刺激に慣れた「愛好者」に、初心者に行うようなソフトで繊細な施術をかるーく行ったとしても、逆に物足りなくて「あそこの針は効かないなー」と思われるかもしれません。

このように、針治療とは、「受け手」の感受性が効果を大きく左右する療法です。そのため画一的な施術内容(刺激強度)では、様々な立場の方々に満足していただくことは難しいと思います。

そのため、当院では針治療の「初心者・敏感者」と「愛好者」に対応できるよう施術内容を調整しています。

そのため、「初心者用のページ」と「愛好者用ページ」をそれぞれ作ってありますので、ぜひそちらも参考にしてください。

================

③身体の『構造』と『機能』の両方を重視する。
 ~~解剖的な人体『構造』の知識だけで十分?~~
針灸治療の原点は、身体の悪い部分を見つけ出し(ツボ)、
そこに針や灸などの刺激を加えて辛い症状・状態を改善させることです。
例えば、腰痛など、筋肉由来の痛みを主とした症状の治療の場合、
その原因となる筋肉に針や灸をして治療することが基本になります。

 

身体の悪い部分を把握するためには、
まず人体の『解剖的な構造』を頭に叩き込んでおくことが必要です。
そして、
原因となる部分に適切な刺激を加え、到達させれば良い訳ですが、
例えば痛みの原因が筋肉であれば、
その筋肉にに針を到達させることが治療になります。
筋肉は身体の表層部から骨に近い深層部まで存在しておりますが、
身体のどの部位にどのような筋肉が存在しているかは
時間をかけさえすれば、誰にでも把握することはできます。
 ◎人間の身体には『機能』がある!
上のように書きますと、
針灸治療というものは非常に単純で簡単で原始的なものに感じられますが、
これも針灸治療のひとつの本質です。
それでも痛みなどの辛い症状が解消してさえくれれば、
理屈などはどうでも良いというのが現実的な考え方でしょう。
しかし、

日ごろ様々な人に治療を行っておりますと、
そのような単純な考え方だけでは問題の解決に至らない場合も多々あります。
その理由は、身体は人間という生命体を構成する要素であり、
各々が『機能』というものを有しているからです。
従いまして、針灸の治療を行う場合には、
身体の解剖的『構造』だけではなく、
『機能』についても把握しておく必要があります。


例えば、人間の筋肉を『構造的』に見てみますと、
部位によっては、体表面から骨に至るまで、
何層かに分かれて様々な筋肉が存在しています。
そして、比較的体表面に近い筋肉を「表層筋→アウターマッスル」
その下にある筋肉を「深部筋→インナーマッスル」と呼び分けています。
また、筋肉はその『機能』によっても
主に身体動作時の推進力(パワー)に関係する「表層筋(アウターマッスル)」と
主に身体動作の制御(コントロール)や姿勢保持に関係する

「深層筋(インナーマッスル)」に分けることができます。

そして、

例えば腰痛の場合では、

痛みが腰のどの「部分」にどの位の「深さ」に存在するか、

安静時や動作時など、どのような「状況」で痛みが発生するか、

動作時ならばどのような動作、どの位の力で痛みを感じるか、

など、筋肉の「構造」と「機能」を把握できることで、

より正確な原因部の特定→施術へと結びつけることができます。

ですので、

例えば腰痛などで、筋肉を対象とした治療を行う場合、
問題となる筋肉が、どのような『構造』でどのような『機能』を有し、
「痛み」などの辛い症状にどのように『関係』しているのかを知ることが大切です。
従いまして、

当院の針灸治療は、身体の『構造』を重視した上で、
『機能』やその『バランス』にも着目して行います。