坐骨神経痛・椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の針治療において、重要なポイントは三点あります。
①治療をするポイント(部位)
治療のポイントがずれていては何回治療しても効果は上がりません。
②適切な刺激
治療そのものが痛くて苦痛であれば、坐骨神経痛が治る前にギブアップでしょう。
③経過の把握とそれに応じた治療内容の調整
治療によって生じる変化を読み取り柔軟に対応することができなければ、
治療に行き詰まりが生じてしまいます。
坐骨神経痛は、継続的な治療と経過観察を要す場合の多い症状です。
よって、上記の重要ポイントをしっかりと押さえて

治療を段階的に行う必要があります。
早速本題に入りたいと思います。

①治療をするポイント(治療部位)
坐骨神経痛の針治療を行う際、最も重要なポイント(部位)は

『骨盤部インナーマッスル』です。
これの状態を把握し、治療によって調整ができれば、
どんなに広範囲な痛みであっても、着実に治癒に導くことができます。
それはなぜでしょう?
坐骨神経は骨盤部(でん部=おしり)において、
複数のインナーマッスルにはさまれるような構造になっています。
何らかの原因で骨盤部インナーマッスルが緊張・硬化すると、
そこを通過する坐骨神経が締めつけられるような状態になります。
それが坐骨神経痛を引き起こし、悪化させるからです。
したがって、
坐骨神経痛を治療するためには、坐骨神経を締めつけている

『骨盤部インナーマッスル』の緊張をゆるめる必要があります。
ここで特に求められるのは、
骨盤部(おしり)の厚い筋肉におおわれた細かいインナーマッスルの状態を触知・把握し、ピンポイントの精度で有効点(ツボ)を探し出す技術、
そして、その有効点(ツボ)を生かす繊細な針治療の技術です。
いずれも、知識・経験・直感を兼ね備えた高いスキルと集中力が要求されます。
【補足1】
インナーマッスルとは、身体の内側(インナー)にある筋肉(マッスル)のことで、

姿勢保持や関節動作のコントロールなど、身体の静と動、それぞれのバランスに重要な役割を果たしています。身体の外側にあって、パワーを生み出すアウターマッスルに比べ、インナーマッスルは筋肉の大きさが小さいため、普段あまり意識されることはないのですが、インナーマッスルの異常は頑固な痛みの原因となることが多いという特徴があります。
【補足2】
骨盤部インナーマッスルの緊張を緩める方法ですが、針治療においては直接的な方法と、間接的な方法があり、治療を受ける側の症状の程度、心身の状態、針治療経験等を考慮して、
方法の選択、治療内容の組み立てを行っております。(この針治療の刺激方法につきましては、次の項目にて詳述します。)


②適切な刺激(針の方法)
治療のポイントが決まったら、次は刺激方法の選択です。
例えば、もう何年も、何十回も針治療を受けた経験のある人と、

針治療の経験が全くない初めての人。
怖がりで不安を感じやすく、痛みに敏感な人と、

多少の刺激でも大丈夫な人。
針治療の刺激方法と針の深さ、それによる刺激の強さは
すべてが同じわけではありません。
そして、同じ刺激方法・針の深さでも、
ある人にとっては心地よく感じるかもしれませんが、
逆に、ある人にとっては苦痛に感じるかもしれません。
各々において針治療に対する経験や感受性が異なるのに、
治療は全て同じ方法で、同じ刺激でよいのでしょうか?
その場合、生じやすいのは、治療効果の「ムラ」です。
その方法に合う人は効くし、
合わない人は物足りないか、逆に治療がつらいので次が続かない。
針治療と言う大枠はあるけれども、
その中でも幅広いタイプの方々に対応できるよう、
当院では研究と実践を積み重ねてきました。
それが《直接的針法と間接的針法》です。

【直接的針法について】
当院では緊張した骨盤部インナーマッスルを緩めることで
坐骨神経痛の治療を行っております。
そのインナーマッスルですが、
厚い筋肉にに覆われた、おしりの深い部分に存在しています。
従って、そのインナーマッスルに直接針を届かせたい場合、
相応の深さに刺すことを求められます。
これは、治療者にとっては熟練を要する一方、
受け手側には、ある程度の受容度が求められます。
すでに針治療に慣れている、多少の刺激を受容できる体質である場合には、
この直接的な針法が適しています。
【間接的針法について】
では、針治療が初めてで、心の不安や緊張が強い場合。
元々痛みや刺激に敏感な体質である場合はどうでしょうか?
この場合でも、骨盤部インナーマッスルの緊張を改善させることが、
坐骨神経痛治療の基本になります。
ですが、厚いおしりの筋肉に針を深く刺す直接的針法では、
受け手の受容度を超えてしまう可能性が高くなります。
そこで、その場合は間接的な針法を用い、
針治療の苦痛を最小限におさえながら治療をします。
具体的な一例として、
針を皮膚の表面から数ミリ程度刺して、
その奥深くにあるインナーマッスルの緊張を緩める方法などがあります。
その際、針を打つ場所(ツボ)はインナーマッスルを直接狙う場合と同じことが多いのですが、「ツボ」とは、身体の内側の状態が皮膚上に現れたものであり、それは同時に治療点でもあります。
従って、皮膚表面からの刺激であっても、深部まで十分に効果を発現させることができます。加えて、元々刺激に敏感なタイプの人は、針を無理に直接深く刺すよりも、受容できる刺激レベルで治療した方が、たとえ数ミリ程度の浅い針でも、深部の状態を十分に改善させられることが、経験上からも明らかになっております。(ちなみに当院では顔面の美容施術にも用いることのできる極細短針を用いての施術が可能です。)
ただし、この間接的な針法は、直接的針法が可能な人の場合には、やや遠回り的な方法になってしまう可能性があります。
また、針治療を初めて受ける人の場合には、始めは間接的針法から始めて、
慣れてきたようであれば、深さを段階的に進めていって、直接的針法に移行していってもいいと思います。
【直接的針法と間接的針法の技術的ポイント】
まず両者を用いる際の大前提として必要なのは、身体の表面から、深部にあるインナーマッスルの状態を把握する。・・・深部の状態を察知する能力です。
そして、治療による深部インナーマッスルの変化を見逃すことなく把握できることが重要です。
治療中には、インナーマッスルの状態の変化により、最も有効な治療ポイント(ツボ)は変わる場合もありますので、それに応じた対応が求められますし、
複数回の治療を継続的に行っていく場合でも、1回1回ごとに状態が変化している可能性がありますので、変化する「ツボ」を見逃さないような「経験的な勘」と「技術」が求められます。(この変化については次項目③にて改めて解説いたします。)
そのほか、直接的針法に求められるのは、深部にある目標(インナーマッスル)に針を正確に届かせることです。そして、もちろん、針治療に慣れている人であっても、余計な痛み・刺激を与えないようにすることも重要です。
間接的針法に求められるのは、
体表面と深部とのつながりをはっきりイメージできるよう心がけることです。
体表面での針治療が深部のどの部分とつながっているのかを常にイメージしながら行うことで、その効果を高めることが可能だと考えております。


③経過の把握とそれに応じた治療内容の調整
坐骨神経痛の治療段階を、根本治療・再発防止の観点を含めて説明します。
【第1段階:痛みを軽減させる】
坐骨神経痛による痛み・シビレの軽減を第一とします。
坐骨神経を直接圧迫・締めつけている骨盤部インナーマッスルの緊張・硬化をゆるめ、痛みの軽減を行います。
治療は主に骨盤部インナーマッスル部分のツボに行います。
この段階では、順調であればほんの1~2回で痛みは変化・改善します。
しかし、場合によって、ある程度の変化・改善の後、治療回数を重ねても痛みがあまり変化しなくなってしまう場合もあります。
もしくは、痛みの改善は一時的で、数日すると痛みがぶり返してしまう場合も有ります。
この場合、坐骨神経痛の直接的原因部である骨盤部インナーマッスルばかりに目をとられていては、治療に停滞を来してしまう場合があります。
また、坐骨神経の通る部位の痛みよりも、おしり・足の付け根などの股関節の周りや、おしりの中央部付近(仙骨付近)などが主に痛みを感じるように変化する場合も有ります。
それら場合、次の「第2段階」を考慮して治療を行います。
【第2段階:痛みの「根」を断つ】
骨盤部インナーマッスルに加えて、その周囲の関連する筋肉を含めて
緊張・硬化をゆるめます。
そもそも、骨盤部のインナーマッスルには、骨盤や股関節を安定させたり、股関節の複雑な動きに対応する役割があります。
そして何らかの原因で、骨盤や股関節の周囲全体が緊張・硬化した場合、それに影響される形で、インナーマッスルも緊張・硬化が進むと考えます。
従って、それら骨盤・股関節周囲全体の緊張・硬化をゆるめることで、坐骨神経痛の原因インナーマッスルが、再び緊張・硬化しないようにします。
また、ある程度、坐骨神経痛の治療が進んでくることで、主に、股関節の周囲や、おしりの中央部付近(仙骨付近)などに、痛みを感じることもあります。
この場合、股関節や、おしりの中心にある仙骨の周りの筋肉などが痛みを発している場合がありますので、それを治療します。
すでに、坐骨神経痛による足の痛み・しびれが強くなければ、こちらの治療がメインとなってくることもあります。
治療は骨盤インナーマッスル部の他、仙骨、股関節周囲、腰、太ももの裏側など、状態を考慮してツボを探し出し、治療します。
この段階での目的を、ある程度の達成ができれば坐骨神経痛の痛み・しびれのぶり返しを防ぐことができ、まず一安心できると言えます。
しかしながら、場合によっては、坐骨神経痛再発の可能性が残っているため、次の「第3段階」について解説します。
【第3段階:バランス調整・リハビリ】
坐骨神経を直接圧迫・締めつけているインナーマッスルを含む、骨盤部・股関節の周囲における筋肉の緊張・硬化は、仕事や家事、子育てなどによる疲労蓄積、運動やスポーツなどによる使いすぎ、偏った身体バランスによる負担集中
などが誘因になって生じる場合がほとんどです。これらの負担は、骨盤部のみではなく、それ以外の背中・腰・足などの場所に蓄積されたものが、まるで「しわ寄せ」のように骨盤部の更なる負担となり、インナーマッスルの緊張の固定化・慢性化を促す要因となっていたと考えられます。
従って、筋肉の疲労や身体のバランスなどの状態を背中や腰、下半身全体など、広範囲に渡ってチェックし、それらを整えることで、骨盤部にかかる負担を減少させ、坐骨神経痛の更なる軽減と再発の防止を目指します。
また、この段階になればストレッチや体操などのリハビリ法をできる範囲で積極的に取り入れ、弱点の克服に努めます。
【まとめ】
坐骨神経痛の痛みは、基本的に、比較的単純な状態であれば、1ヶ月以内に治ることも珍しくありません。
少し複雑な場合では、「治療による状態の変化」を追いかけながら、2~3ヶ月かけて段階的に治療をします。
ですが、時には半年ほどをかけて、からまった毛糸をほぐしていくように
問題を一つ一つ解決しながら治癒させなければならない場合もあります。
また、坐骨神経痛の痛み・シビレの強さと、その治癒に要する期間は、
必ずしも比例するわけではありません。
最初は激痛であっても、たった数回で治ってしまう場合もありますし、痛み・シビレのレベルは強くなくても、治療に期間を要する場合もあります。
要は、坐骨神経痛を生み出した、言わば「根っこ」の深さと範囲が治療期間を左右するポイントの1つになります。
いずれにしても、坐骨神経痛は、多くの場合で複数回の治療を要します。
その際、1回1回の治療による変化を見極め、その経過に応じて治療のポイント(ツボ)や刺激法を調整する必要があります。
継続した治療についての詳しくは、継続した治療が必要な場合と、その進め方
のページにて解説しておりますので、併せてこちらもご覧ください。

【追記・治療の現場より】
#坐骨神経痛治療と腰痛・背中・肩・首のコリ・痛み
治療が順調に進み、坐骨神経痛の痛みが落ち着いてくると、
腰痛や、背中・肩・首のコリ・痛みを感じてくる場合があります。
この現象は何を意味するのでしょうか?
私の経験上、これは決して悪い兆候とは限りません。
当人にお話をうかがうと、「坐骨神経痛になる前、慢性的な腰痛・肩こりに悩まされていた。その時の感じに似ている。」と話されることがよくあります。
つまり、坐骨神経痛の苦痛が改善されて、元々あった症状が再び表面化したことが考えられます。
それは、元々肩こりや腰痛になってしまうような上半身のバランスの悪さを放置したことが、坐骨神経痛の原因につながってしまった可能性が高いということです。
ですので、坐骨神経痛が改善されれば、時計の針を戻したように元々の腰痛や肩こりが出現するのは当然といえば当然であると思います。
このような場合、上半身のバランスを整える治療を継続し、腰痛や、背中・肩・首の症状を順次改善させます。
上半身のバランスを整えることで、坐骨神経痛の根源となる、腰や骨盤部(おしり)への負担を軽減させることになり、坐骨神経痛の根治、再発防止にもつながります。
逆に言いますと、坐骨神経痛症状がおさまっても、上半身のバランスの悪さを放置してしまうと、坐骨神経痛の再発の可能性を残してしまうことになりますので、注意が必要です。
私の経験上も、上半身のバランスが整い、症状が改善される頃には、坐骨神経痛再発の心配は必要なくなることがほとんどです。
したがいまして、坐骨神経痛の治療過程において、腰痛・上半身の症状(背中・肩・首のコリ)が出現した場合には、放置をせず、継続して治療されることをおすすめいたします。
#股関節のねんざ・お尻の肉離れに引き続く坐骨神経痛
何らかの原因で股関節をひねってねんざをしたり、お尻の筋肉を肉離れした状況から、時間が経過したのち、坐骨神経痛が発生することがあります。
(その際、股関節の捻挫や肉離れの痛みはまだ残っていたり、すでに感じなくなっていたりと、様々です。)
股関節のねんざやお尻の肉離れに引き続く坐骨神経痛の場合、考えられる原因は、ケガによって引き起こされた股関節、お尻の筋肉の緊張により、坐骨神経が刺激されたためです。
つまり、筋肉には損傷を受けた部位をカバーしようと緊張する性質があるのと、あるいは痛みのため筋肉が緊張してしまう、痛みをかばうために筋肉に過度の負担が生じるなどの要因により、坐骨神経を取り巻く筋肉の緊張が強くなり、神経を刺激して痛みが発生すると考えられます。
そして、それはねんざや肉離れの損傷が残っている段階で発生することもあり、ねんざ・肉離れそのものが治癒しても、筋肉の緊張が残っていて発生することもあります。
治療は緊張した股関節周囲(お尻)の筋肉を緩めることが主になります。
ねんざや肉離れが治癒しているもので、それほど筋肉の緊張が強くなければ、
あまり時間はかからない場合がほとんどです。
ねんざや肉離れが治癒していない場合では、そちらの治療に並行して行います。
回復期間は、ねんざ、肉離れの回復具合により左右されます。
また、傷めた部位をかばうなどして腰や骨盤のバランスが崩れている場合がありますので、必要に応じて、調整します。
 

→痛み治療の目次へ

 

→ホームへ